忍者ブログ
It breaks through the wall of time
[248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日

ある機関

組織にコンタクトを取りました。

いわゆる世界最高のブレーン

最強の組織

実際

最強です。

すいません

出来ればまた別に

おいらが一番尊敬する師

はいます。

いままで私がなんでここまで

耐えられたのか?

それはあのお方がいたからです。

無論

私のようなワケの解からない

小物も小物

最下層に属するもう

なにも無い

地位も名誉も力もお金も

何も無くなった私がお会い出来るような

存在ではありません。

でもいつか一回だけ

もしかしたらどこかでお会いできるような気がします

でもたぶん今のペースでは

たぶん

悲しいですが

最短で30年かかります

たぶん無理でしょう

そもそも

ここで

本当の話を出すのもどうかと思いましたが

あえて

ここが

自分の死に場所

正念場

絶対引かない

そう決めました

だからあえて

失礼を承知でここだけに

書きます

本気です。

これがいったいどれだけ危険なことをしているか

わかりますが

それでもこの場で自分の過去一回全て捨てて

やり直したかった

いつか

絶対

なにか

何か

ある

あるはずだ

でも

無かった

何で?

そうです

わざと

あえて協力者

仲間

心から信じられるほんとうの

本当の仲間

大袈裟かもしれないが

本気です。

ただし

まあ

男同士は単純です。

いちいち言わなくても

まあ

100メートル離れていてもわかります

相手がどれぐらいの使い手

能力者かどうか

そうです

このあたりはおいらが心から尊敬

おいらの人生を変えた

いや

覚醒させてくれた恩人

あまり個別情報を出すと怒られたら

怖いのでぼやかして表現すると

たくさんの心の師

師匠は数え切れませんが



たった今気になる存在のお方は

そうです

まあお侍さんのなんとか武蔵とかが出てくる

そら恐ろしい

漫画なんて陳腐な表現では言い表せない

おいらが今一番影響を受けた人物

漫画家ではありません

表現者です。

今までお世話になりました。

ありがとうございました。

お元気で。

この世界でたぶん残された時間はもう・・・



あまり言うと

自分自身

情けなく

悲しく

みじめになるのでこのぐらいで締めます。


ありがとうございました。


お元気で。

おいら

いや

私も何か出来る事があれば

弟子入り

修行

現場が今

いったいどうなっているのか

本当の現場を見て

聞いて見たいですが

残念ながら無理です

それ

をしてしまうと

そうです

標的

ターゲットになり

今度こそ総攻撃

確実に殲滅

壊滅的打撃

消えてしまいます

それだけは絶対に出来ません。

すいません

日本では・・・

日本の最高権威

中枢

私の考えた一番の急所

弱点

しかし

絶対的な支配力

決定力



日本で考えられる

国家組織の中で最高

最新鋭

最高のブレーンが集まる

情報集積基地です。

それは今は言えません。

絶対に言いません

そうです

相手の方々に迷惑が掛かるから

そうです

命の危険が及びます

なぜ解かるのか?

そうです

あそこです

最前線で命懸けの戦闘状態になっている方では無いです

違います

そこは想像に任せます

この計画は今まで数億回

何百億回

たった5台のPCで何回シュミレーションしても

どう考えても

私しか出来ません

なんで?

そうです

世間的に一番低い

泥水を飲んで

もがき

苦しみ

極限状態まで

肉体的

精神的に酷い扱い

お金は全て使い果たす

もちろん

たまにはまあ

ちょっとグレーなお店

にも行きます

まあ

アレ

です

そしてちょっとイイ事が起きます

明日へのエネルギーがむくむくと・・・

って

違います

ソレじゃないです

違います

まあ

アレです

まあエネルギーがむくむくと・・・

えっ

違います

まあ

おいら

いや

私も一般男性ですから

たまには恋愛してもいいでしょう 

擬似恋愛ですけど 笑

まあ

バカです



実は数日前

ある出来事がありました

見てしまった

そう

ひき逃げ

そうです

真実です

結果

はい

もうこの世界にはいません・・・


すいません


はじめて泣きました

絶対に人前では泣かない

絶対に負けない

表面的には負けてるように見えても

私は負けを認めません

はい

しつこいです

でも

どうやっても無理なら

簡単です

そうです

互角の戦闘能力を相手に認めさせる

または

相手以上の情報網で瞬間的に先に

イイ情報を一気に渡す。

それもなるべく最短で

できれば瞬間的に

一番イイのはアレですが

アレは最後の必殺技なので

まあ

これ以上やったら命の危険

これは消える

けされる

ヤやれる

ギリギリまでやります

なので取ってあります。

女性の場合は

簡単です

私ですか?

すいません

プロです。

アレをやれば確実にイケま




すいません

脱線しました

今何人かの女性

10人ぐらいの女性から色々と相談されてしまい

大変なことになっています

正直

もう無理

怖いです

以前殺されるかと・・・

怖いのでほっといて仕事で

久しぶりに帰ったら

部屋の荷物がほとんど消えていた時は

さすがに焦りました

それも絶対言わないでくれと

命懸けの

まあ

二度と会うことは無いんで大丈夫です。



結果

成功

ミッション成功です。

これにはさすがの私自身

覚悟が決まるまで

数十年かかりました

なぜ?

そんな事が可能なのか?

わかりません

そう

迷ってる暇は無い。

今の私は

そうです

残された時間

現代の時間の観念

感覚では

そうです





無いです。




残念ですが



全て実話



真実です。



なぜそれが可能だったのか?



そうです


いたからです


絶対いない


どれだけ探しても


絶対にいないと思っていた存在。


いました


はい


過去形です。


なぜ?


私の前には誰もいません。


そうです


自分一人

一人で出来る事は

限界があります。

どこまで自分の能力

極限状態に

あえて追い込み

いわゆる

最下層

世間的に

そうです

イメージだけでなく

社会的

所得

満足度

一番厳しい世界にあえて飛び込みました

なぜ?

そうです

極限状態に追い込む

あえて

もちろん

たまにはイイ事もあります。

しかし

リアル世界での厳しさは

そうです

想像を絶するような苦しさ

精神的な追い込まれ方は

体験した方でないと

無理です

絶対に耐えられません

なんでそんな事が断言できるのか?

そうです

自分自身の心

修行です

いったいどこまでやれるのか?

ありえないほどの低所得

そして

地理的にありえない程の厳しい土地

そうです

西日本です

ありえないです

しかし

自分自身

チャンス

大チャンス

ここを逃して

逃げることは可能

でも絶対に逃げない

絶対に

あえて考えられる一番難しい課題

場面

状態に追い込む

全財産

資金

生活資金

エネルギー

全てを掛けた真剣勝負

チャレンジ

はい

成功しました。



PR
PREV ←  HOME  → NEXT
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新記事
r
(09/11)
(06/01)
(05/16)
(05/15)
(05/14)
最新TB
プロフィール
HN:
curoro
性別:
非公開
職業:
運び屋
趣味:
図書館の中で読書
自己紹介:
重要なお知らせ。



当ブログはリンクフリーです

なおコメントは最初から止めてます

拍手機能もありますが
コメント機能があるため止めてます

あとはコメント機能がある事でブログでの
ペースが乱れた事があります。

どうしてもコメント機能があると
体裁を気にして自由な更新が出来なくなるからです


それは当方の意図する所ではありません。

なるべく自由に自分を出すブログです
言いたい事をそのまま出す事が重要だと考えてます。

不適切な表現で不愉快な思いをした方がいたら
申し訳御座いません。




なんだか堅苦しい紹介になりましたが
世界は広く

いろんな世代いろんな感覚
性別でも人それぞれ見方が変わるのは
理解してるので記入しました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(08/26)
(08/26)
(08/26)
(08/26)
(08/26)
P R
アクセス解析
Copyright (C) 2017 運び屋日記 Revolution All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]