忍者ブログ
It breaks through the wall of time
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

完成しました。

正攻法

正面突破

規制概念を打ち破り

ハイビジョン

視界



実現

価値創造

outソーシング

現在人類史上最良最高の傑作

iPhone4

PR
タブレットPCを買う

予定

ホームページもまともに見れない

iPhoneでは話に。。。

画面が小さすぎる

これはあくまで緊急用としてしばらく

使おう

なんでもかんでも一台の携帯

スマートフォンに任せるのは

普通に考えて無理がある

このiPhone4はいらないので

誰が欲しい方が居たら譲る予定

今のスタイルとしてスマートファン

一台だけではもう古い

時代遅れな気がする

ふと思いついたが

近未来は携帯端末を無線環境のデバイスとして活用

WEB環境の構築は

タブレットPC系デバイスに任せる

二台持ちが普通になりそうな気がする。

つまり開発費をいかに安価に

するか考えた場合

二台ともそんな高機能は不要

誰も買わない

莫大な開発費をかけてそんな

リスクは犯せない

大企業はそんなリスク

危ない橋は渡らない

危ない橋と言えば革新的なサービスは

日本では生まれない

それ

が出来るのはAppleや気鋭の

アメリカのベンチャーだけ。


maza1


さてマザーボード

かなり調べたが謎が多すぎる


いくつか気になるモデルがあった

おいらはそこまで専門家じゃないので分からない

なので

直感で勝負!
超弩級パソコンを作る

自作

最強CPU選び

現在最強CPUは何だ?

思い浮かぶのがインテルの

エクストリーム系

6コアハイパー12コア

モンスターCPUだ

12コアか、、、






(。-_-。)






化け物だ






買うのは良いけど

何に使うんだろう?






謎だ(。-_-。)






価格は現在9万円ぐらい






安い!

安過ぎる!

こんな化け物モンスターCPUが

たったの9万円?!

オーバークロックでブン廻したら

見た事無い数字が出そう

夢が膨らむ(^ ^)

おいらは超弩級が好き

ほどほどなんてつまらない

ふと超弩級でスーパーな

パソコンが欲しくなった

欲しくて欲しくて堪らない

いくらだろう

調査開始!



憧れの水冷パソコン化成功^^

ネットで取り回しが難しいとかあったんで心配したが

ATXケースのおかげであっさり設置

あまりにあっけない

全然余裕

さて結果

問題のCPU温度



驚愕の結果



カブトから15℃ダウン


信じられない

まさかの結果

水冷パワーがこれ程とは・・・







さて水冷クーラーの取り付け(^ ^)

ATXケースなので

問題無し

ケースはやはりATXが良い

楽です

でかいとか何とかネットで聞きますが

実際そこまで大きいと思わない

貫禄があっていかにも

マシンって感じて頼もしい

拡張性があり



とは言え取り付けはおいらでなく

サポートしてくれる

詳しい知り合いの方がいるので

見てるだけです( ̄(工) ̄)

無料です

ありがとうございます

知り合い 友人は有り難い

感謝

感謝です

とは言えいつまでも

甘える訳にもいかない

水冷クーラーはコルセアの

C50に決定(^ ^)




やはりCPU温度は気になる

カブトクーラーでダメなら

水冷しかない

いい機会だ

昔憧れてた高嶺の花だった

水冷パソコンが可能じゃないか!

絶好のチャンス!

さて水冷は何種類だ?

なんじゃこりゃ


(; ̄O ̄)

凄い数のラインナップ

分からん

また分からん(; ̄ェ ̄)



困った時の価格COM


どうも気まま過ぎて飛んでしまう

クアッドコア9450の件

たまに画面に

メモリーが◯◯◯できませんでした

でソフトが飛んだりななど

ちょっとしたトラブルたまに発生

ハードディスクから音がする

それもいかにもな音が(−_−;)

ヤバイ

以前からCPUの温度異常があり

どうやら温度が普段から高いかもと

思い調べても不明、???

???

まさかの初期不良(; ̄ェ ̄)

クーラー定番のカブトで

普段58度エンコードでなんと

70度は当たり前

夏で78度の時は焦った(; ̄O ̄)

ハッキリした基準が謎ですが

冷静に考えたらやっぱおかしい

なんだかんだ言ってますが

普段安定してるしエンコードが

前のCPUの倍以上

ソフトによっては体感で4倍ぐらいで

満足してる

クアッドコアは正解(^ ^)

最強パソコンとは何か?


いろいろ調べてみた(^ ^)

時代の変化は凄い






浦島太郎だ(; ̄ェ ̄)


さっぱりわからない(−_−;)










(−_−;)


大満足



大満足






大満足









当時これで10年は大丈夫






絶対買い替えない!




はすが




人間の欲望



欲望とは恐ろしいもので


クアッドコア9450に慣れてしまった(−_−;)




(−_−;)




(−_−;)




そんなバカな

おいらは満足してる

何か不満だ?


不満なんて無い


はず(−_−;)



次から次へと発売される



CPU



新型CPUの誘惑



誘惑されないよう

パソコン雑誌は買わないように

気をつけていた




買ったら物欲に負けるから




そして







月日が経ち



数年が経過






穏やかな日々




平和








平和な日々






平和だ





平和だな





ピースだ






平和が一番!




電話は2番!


3時のおやつは文明堂♬



って言ってるじゃないか!



そう




それでいいんだ!


おいらも大人になった

もうムダな買い物はしないと決めた!




ところが



とうとう禁断の誘惑に











負けてしまった







あのソフトを入れたばっかりに












さて現役のクアッドコア9450

性能は問題無し

エンコード4台のDVDドライブで

同時エンコードで18〜20パーセント

余裕ありすぎ(; ̄O ̄)

こんなのどうやったらフルに

使えるのか謎(; ̄ェ ̄)

Athlonからの変化は

とにかく起動が早い

OSが新品なので早いのは当然

ただそれにしても恐ろしく早い

Athlonで2分ぐらい

ソフトがまともに動くのが3分

使い込むと遅くなる

がクアッドコア9450が40秒

劇速

大満足(^ ^)





ところが
3台目は今も現役

クアッドコア

どういう訳が雑誌比較テストで

ほとんど出ない9450

クアッドコア9450

販売期間も短かった

今もはっきり覚えてるのは

梅田ヨドバシの前でなけなしのお金

当時かなりの貧乏だったので必死で貯めた予算

13万円を握り締めてツクモに突入

突撃‼

気分は最高潮 笑


当時クアッドコアはなんと4万円が

当たり前

中でもクアッドコア9450は

価格と性能のバランスが良いと

評判のCPU

Athlonの低パワーにエンコードの遅さに

辟易していたおいらにクアッドコアは

高くて高嶺の花

まして

インテルとAMDに互換性など

あるはずも無く

当然新規にパソコンを買わなければいけない

しかしまだ出たてのクアッドコアは

デスクトップで15万前後

貧乏人だったおいらには

15万円は大金

憧れの存在

超最新 スーパーテクノロジー

時代の最先端

あの頃はクアッドコアになれば

世界が変わる‼

本気で信じていた 笑

それぐらいの期待感でいっぱい

思い出してもあんな興奮して

ワクワク ドキドキした買い物は

無かった

今後あれを超える買い物は

たとえ数百万円の高級車を

買ったとしても

二度と無いでしょう。



64




今のパソコンは3台

最高4台

1台はスペックが低すぎて終了

セレロンありがとう^^

2台目はAthlon 64 X2

http://ja.wikipedia.org/wiki/Athlon_64_X2

当時なかなかイケてたが今見たら

スペック低っ!

でもインテルなんか嫌いなので初めてのAMDでゴキゲンでした^^


これは飽きてきたんでケースを入れ替えたりブルーファンで光らせて

CPUファンはカブトでデザインが最高^^

リテールに較べて巨大で冷え冷え


サイドがアクリル透明で綺麗に光って良かった

性能はごく普通だが見た目はハイスペックPCで

特筆すべき点があり安定してるのはもちろん


無音である点


まあ実際には音はしてるがケースファンを低回転に換えて

CPUファンも余裕あるんで超低回転でほぼ無音

電源も静音タイプに入れ換え

ケースに静音シートなどテンコ盛りで狙い通り

30cmぐらいだとほんとに動いてるのか判らないぐらいで



無音PCと呼んでも良いでしょう



実際に音が聞こえないんで  笑


デスクで無音はかなり難しいが静かなパソコンはやっぱり快適^^


これは気に入っていたがお世話になった人の

パソコンがだめになったのでお礼に譲りました^^

その人は性能とか関係なくネット見れたらOKぐらいなんで
最初ケースのでかさに驚いてましたが音しなくて静かなんで喜ばれました


今でもたまに見たら元気に動いてるんで良かった



そして3台目

急にパソコン熱が高まっている


そうだ!


最強のパソコンを作ってみよう! ^^
bbnbnbnn


詳しくは   


http://pioneer.jp/dvdrrw/dvr-s17j/index.html

正しいDVDドライブの選び方


正解は?









PioneerのDVDドライブを選ぶ。





これが正解。




DVDドライブ選び( ̄▽ ̄)


規格の関係で選択肢ほとんど



無しΣ(・□・;)





Σ(・□・;)

これは悲しい



あれこれ検討するのが買い物の楽しみなのに(; ̄ェ ̄)

結果


ほとんど2択


Pioneerドライブ

ライトオン

ライトオン





知らん

はじめて聞いた



うーん

不安だ

なんか危険な予感がする


(; ̄ェ ̄)

やはりというか呆れるような値段


安い


安過ぎる


Pioneerドライブの半額だ(; ̄ェ ̄)


思わず買いそうになる






ちょっと待った‼


危ない


危うくハマるところだった


調べてみる。



実は拙者のパソコンはDVDがダブルドライブです

プレクスターとPioneer

プレクスターは最初からいまいち

で残念な状態

焼きがすぐに遅くなってしまい

読み込みも遅く

いま考えると初期不良だったのかもしれない

今回Pioneerドライブまで死亡寸前

ヤバイ(; ̄ェ ̄)

とはいえドライブは消耗品


消耗品です


ガンガン焼きまくると

思ったほど持たない印象(; ̄ェ ̄)




焼きが考えているより負担が掛かっているのかもしれない
DVDドライブがΣ(・□・;)


死んだΣ(・□・;)


Σ(・□・;)


正確にはとんでもなく

焼きが遅くなってしまった

Pioneerドライブで非常に性能が

良かっただけに残念(; ̄ェ ̄)
一昔前はNECなどて

20万円とかしてた水冷パソコン

水冷というだけでワクワクしてた

パソコンの蓋を久しぶりに開けて

ビックリ





なんじゃこりゃΣ(・□・;)



Σ(・□・;)

Σ(・□・;)

Σ(・□・;)

Σ(・□・;)


CPUファンがΣ(・□・;)


どえらい事に


Σ(・□・;)

ホコリがΣ(・□・;)

ホコリが

ホコリだらけで金属フィンが

たいへんな事に


(; ̄ェ ̄)


(; ̄ェ ̄)


無理


絶対無理

どう考えても無理(; ̄ェ ̄)

こんなの掃除できない

だいたい外してクリーニングして

グリス塗って

また戻してとかそんな面倒な事

考えただけで気が遠くなる

そこである案が浮上( ̄▽ ̄)






長いのでここまで
ヨドバシカメラ

梅田の店に行った

なんか以前と違う(。-_-。)

なんだろう


静かだ


店員さん減ったのか(・・?)

まぁいい

おいらはドライブが欲しいのだ

DVDドライブ

欲しいと思った時が買い時
夢の水冷システム

ついに

遂に



悲願達成なるか!



大袈裟か? 笑


ただ昔の事を思い出すと

水冷パソコンなんてオイラにとっては



夢のまた夢


憧れの存在でした^^



カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新記事
r
(09/11)
(06/01)
(05/16)
(05/15)
(05/14)
最新TB
プロフィール
HN:
curoro
性別:
非公開
職業:
運び屋
趣味:
図書館の中で読書
自己紹介:
重要なお知らせ。



当ブログはリンクフリーです

なおコメントは最初から止めてます

拍手機能もありますが
コメント機能があるため止めてます

あとはコメント機能がある事でブログでの
ペースが乱れた事があります。

どうしてもコメント機能があると
体裁を気にして自由な更新が出来なくなるからです


それは当方の意図する所ではありません。

なるべく自由に自分を出すブログです
言いたい事をそのまま出す事が重要だと考えてます。

不適切な表現で不愉快な思いをした方がいたら
申し訳御座いません。




なんだか堅苦しい紹介になりましたが
世界は広く

いろんな世代いろんな感覚
性別でも人それぞれ見方が変わるのは
理解してるので記入しました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(08/26)
(08/26)
(08/26)
(08/26)
(08/26)
P R
アクセス解析
Copyright (C) 2017 運び屋日記 Revolution All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]