忍者ブログ
It breaks through the wall of time
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

只今新Officeのデスクです。

OSAKACITY

立地

家賃は格安

最新鋭の機材等条件は

全て揃ってます。

晴れ

気温11℃

めざましテレビは観れません。

今は最後の契約交渉

デバイスモデル選定

詰めに向けています。

リミットは残り

52分

ハンコを押す

最後の瞬間まで

今も歩きながら考えてます、

あと44分

なんとなく鉄道に乗ってみた

大正区のどこかのSTATION

所謂交通機関は生まれて初めての体験

非常に興味深い

どこの駅からかバスか迷った

ホントはあの関西交通さんの

タクシーが一番安い

中でも最高ランクは個人タクシー

これは以前極秘で10回ほど

用事も無いのに軽い感じで

ワンメーターだけ申し訳なかったが

OSAKA市内

郊外

ここはという所をリサーチして

勉強した。

問題はあの本物のプロドライバーの

所在がわからない点

大問題

捜索すれば10分かからないが

突き止めてもそこから先の展開が

無い

やはり

無理。

こんな危ない橋を・・・

やはり孤立無援

単独行動が早い

最速。

あとはあのデバイスを入手して

加工すれば完成。

わからない?

まよった

コンクリと機械化がすすんでるが

ノイズが激しくて・・・






失敗。




中止します。





計画は白紙。









PR



野球とは。。。

必勝法とは。。。




いかにアウトを与えずに

得点するか競うゲーム





つづきはこちら
気が付けば鈴鹿

小林可夢偉はかなりイケてる

F1は面白い

スカパー フジテレビ系で

生放送で楽しめる(^-^)

ペレスに最近負けてるのが気になる

小林のスランプでなくペレスの

急成長と見るべきかもしれない

小林可夢偉を応援してるおいらにとって

大誤算

まさかペレスがここまでの逸材とは(−_−;)

小林可夢偉の才能は世界的に

評価されているがそろそろ

キレのある走りを見せて欲しい

予選10位

なんだか今回はイケそうな気がする(^ ^)
楽しかった^^

映画館

まさか映画館に行くとは思わなかった


面白い

笑える

こんな面白い映画は久しぶり^^
内田については

先発落ちは巷では色々言われていたが

真相はコンディションだけの問題

監督からの信頼は揺るがない

しかし

アシストがないとさすがに心配

監督が初めて内田を見た時

あまりの早さ

サイドから矢のように

駆け上がるスピードに

腰を抜かし

衝撃を受けたと

ドイツのマスコミに言っていた

正確なクロスの技術

的確なディフェンス

読みの正確性

やはり







内田は本物









世界でも内田の能力は突出している

本物

一流選手

超一流選手になれる可能性はある

香川もそうだが

外人さんから見て内田 香川は

小さくて子供みたいに見えるそうで

おまけに喋れなくて

おとなしい

つまり

思い切り馬鹿にされてしまう

並の選手なら潰される世界

過酷

同じような能力なら

日本人選手は使わない

絶対に使わない

それが世界の常識

まして世界中から各国の代表選手だらけの

ブンデスでは

先発ところかベンチ外

気が付いたら

あっという間に放出

放出要員

クビ

ところがそんな放出要員の選手

なんて何の価値も無い

あいつはダメと烙印を押されたら






終わり





終了





二度と海外からの声が掛からない










今まで何人の日本人選手が

最初躓いて潰されてきた事か

サッカーは通常

スポーツだと言われてるが




違う




格闘技

わかりやすい殴り合いの無い

格闘技

頭を使う格闘技


海外だと審判の見えない所で

小競り合い殴り合いは当たり前

日本人はおとなしく舐められてるので

今まで不当に酷い目にあってきたのを

知っているので悔しかった

悔しかったが日本人は

無理


日本人はダメ

そんなはずはないがやっぱり

ダメなのかと諦めかけた事があった

おいらが嬉しいのは

不可能と思われた











難攻不落の強大な壁




壁をブチ破る存在

選手が次から次に出て来ている事が

嬉しくてしょうがない
内田アシスト成功!


♪───O(≧∇≦)O────♪

♪───O(≧∇≦)O────♪

♪───O(≧∇≦)O────♪



素晴らしい


良かった

今日は祝杯決定(^ ^)


何が素晴らしいかって

アシストはもちろん最高に

嬉しい

これまで控えだった鬱憤を

晴らす大活躍

サムライだ内田

香川残念。。。


試合は勝ったが香川の無得点は痛い。。。



しかしリアルタイムで

遠いドイツの試合が入場料無しの生で見れるなんて

凄い時代です^^
AKB 峯岸みなみが

背中美人コンテスト優勝
背中美人コンテスト

開催‼

なるほど

これ面白い(^ ^)

おいらは3番!

一番綺麗で断トツに良い!

岡崎ちょっと凄い

凄過ぎ

もう昔の岡崎じゃない

日本人でもない

ドイツ人になっている

いや

ドイツ人でもないか






ドイツ人以上(; ̄ェ ̄)





多国籍軍のあの名門シュツッガルトで

遠慮無くガンガン行ってる

ちなみにシュツッガルトには

何年も絶対的FWカカウがいる

キング

チームでもキング

絶対的存在

そのカカウを押し退けて

最前線で暴れまくりの

やりたい放題

そのうちあのカカウが岡崎に

ブチ切れるんじゃないかと

見てるこっちがヒヤヒヤする

今年のブンデスは面白過ぎる 笑
岡崎2年目で凄い進化

驚いた

たまげた

あの過酷なドイツ ブンデスで

スタメンだけでも大変なのに

シーズンはじめは出番無し

苦しい状況

しかし交代で出たら

まあ

こっちが心配になるぐらい

ガンガン行ってる

おいおい

大丈夫か?

サイドのウイングなのに

ほとんどずっと

センターFWのカカウより前

キーパー ゴールポストの前に

いるんですけど⁇⁇


岡崎がイケイケで

ヤリヤリでドンドンになってる

気持ちいい

非常に気持ちが良い
やっぱり香川最高(^_^)

スカパーで去年ドイツデビューから

全試合香川を見てきたが

やはり香川は怪物だ



日本人でなければ

今年確実に更に上のビッグクラブに

移籍していた。

今年進化した香川はもはや

ドルムントでは浮いた存在になっている

いい意味で。

周りの選手もいい選手で能力が高い選手が

揃っているが香川とはレベルが違う

香川自身もはや今年のドルムントでは

物足りなさを感じているはず。


今年香川無得点と話題になってたが

それは的外れ。

香川自身は問題無し

ドルムントが今年酷過ぎるだけ。

香川どうしたと言った後に

いきなりの先制点

♪───O(≧∇≦)O────♪


♪───O(≧∇≦)O────♪


♪───O(≧∇≦)O────♪




♪───O(≧∇≦)O────♪
スカパーで録画してた

ドルムント ハノーファー戦を見る

今年のドルムントは弱い

幽☆遊☆白書



だんだん



面白くなってきた

構成といいちょっとエロも入れて良く練れてる

テンポも良い

音使いはさすがに古い

しかし見てると

絵作りと合ってるので

気持ち良い^^

絵 背景はさすがに時代を感じるが

逆にこの当時にこれが出来る作者はやっぱ







凄い^^
最初

古っ!

って思ったが

幽☆遊☆白書



面白い^^
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新記事
r
(09/11)
(06/01)
(05/16)
(05/15)
(05/14)
最新TB
プロフィール
HN:
curoro
性別:
非公開
職業:
運び屋
趣味:
図書館の中で読書
自己紹介:
重要なお知らせ。



当ブログはリンクフリーです

なおコメントは最初から止めてます

拍手機能もありますが
コメント機能があるため止めてます

あとはコメント機能がある事でブログでの
ペースが乱れた事があります。

どうしてもコメント機能があると
体裁を気にして自由な更新が出来なくなるからです


それは当方の意図する所ではありません。

なるべく自由に自分を出すブログです
言いたい事をそのまま出す事が重要だと考えてます。

不適切な表現で不愉快な思いをした方がいたら
申し訳御座いません。




なんだか堅苦しい紹介になりましたが
世界は広く

いろんな世代いろんな感覚
性別でも人それぞれ見方が変わるのは
理解してるので記入しました。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(08/26)
(08/26)
(08/26)
(08/26)
(08/26)
P R
アクセス解析
Copyright (C) 2017 運び屋日記 Revolution All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]